医療レーザー脱毛の効果とは?

人気の高いプランが用意されているクリニックやエステサロンを利用することによって、誰しも医療レーザー脱毛の効果を実感することが可能です。
近頃は、一人ひとりの個人差に配慮をしてくれる医療機関が増えており、本格的にムダ毛の処理を始めるうえで、皮膚科の医師とよく相談をすることが良いでしょう。
その他、医療レーザー脱毛の利便性の高さについて調べることで、忙しい日々を過ごしている人であっても、冷静に対処をすることができます。

医療レーザー脱毛のしくみ

体毛は、外に出ている部分を毛幹といい、皮膚の下にある部分を毛根といいます。毛根を皮膚の中で包んでいるのが毛包といいます。医療レーザー脱毛は、レーザー光線が表皮を通過して、毛根のメラニン色素に熱のダメージを与えます。この熱エネルギーが毛根に接している毛乳頭や毛母細胞を破壊します。毛母細胞は、体毛の元となる部分で、毛乳頭は、毛母細胞に栄養分を送る働きをしています。これらにダメージを与えることによって、毛が生えてこなくなり脱毛ができるのです。

医療レーザー脱毛で完了までかかる期間

医療レーザー脱毛で、より高い効果を上げるためには、毛の生まれ変わる毛周期に合わせて、的確なタイミングで施術を行う必要があります。
毛の質や、肌の質によって個人差がありますが、効果の薄い周期にレーザーを照射してもあまり意味が無いため、期間を空けなければならないケースもあります。
したがって、特に毛周期のサイクルが長い方は、お仕事や学校がある中で通える日などを含めて考慮した場合、完了まで一年程度を要するケースもあります。

医療レーザー脱毛は部位や毛の濃さで効果が異なる

うぶ毛でも肌の色より濃い毛なら医療レーザー脱毛で処理することができます。しかし、ワキやVラインなどよりも効果が出にくいと言えるでしょう。医療レーザー脱毛で効果を得られるのか不安な場合、ニードル脱毛を受けるという方法もあります。しかし、この施術は肌への負担が大きいですし、濃い毛を処理したい場合は医療レーザー脱毛を受けた方が良いでしょう。医療レーザー脱毛の効果が出にくいうぶ毛に対してのみ、ニードル脱毛を選択するという方法もおすすめです。うぶ毛は施術の効果が出にくいということですが、体の部位によっても効果の出方は異なってきます。濃さに原因の一つがあると言えますが、医療レーザー脱毛はレーザーを当てることでムダ毛を無くすという方法です。

医療レーザー脱毛は埋没毛にも効果あり?

埋没毛は、医療レーザー脱毛でも効果的な治療をすることができます。レーザーは、メラニンなどの特定の色のものに反応するため、埋没毛の場合であっても毛の色にしっかりと反応してくれ、効果的に脱毛が可能です。毛抜きやカミソリなどでの自己処理をしなくてもよい状態に変わることができ、面倒な手間を省くことができます。自己処理で肌を傷めなくてもよく、保湿などのケアもしやすくなるため、医療レーザー脱毛をする人が増えています。埋没毛が多いデリケートな部分の脱毛をした人の口コミもよく、人気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です