医療レーザー脱毛の副作用とは?

医療レーザー脱毛で考えられる副作用

医療レーザー脱毛は安全性の高い施術と言われていますが、副作用が心配でなかなか施術を受けられないという人もいるかもしれません。クリニックなどの医療機関で医療レーザー脱毛を受けた場合、肌の赤みや毛膿炎、炎症、火傷、ニキビなどの症状が出てしまうこともあります。しかし、このような症状は一時的なものですし、そこまで心配する必要はないでしょう。医療レーザー脱毛の副作用で汗が増えたという話を聞いたことがあるかもしれません。しかし、実際に脱毛を受けて汗が増えることはありませんし、ムダ毛が無くなることで汗が流れやすくなっただけなのです。赤みなどは一時的な症状ということですが、なかなか取れない場合は施術を受けたクリニックで相談してみると良いでしょう。

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルとは?

医療レーザー脱毛のトラブルは少なくなっているとは言え、利用するにはいくつかの注意点がありあます。
そのひとつがレーザーの打ち漏れ(照射漏れ)です。このほか肌が弱っている場合はレーザーによる火傷などの副作用が出る場合もあります。
これらのトラブルを避けるためには、打ち漏れがあった場合に再照射してくれたり、火傷などの副作用が発生した場合に保証が受けられるかどうかが大切です。施術前にはテスト照射を行い、アフターケアがしっかりしているクリニックを選びましょう。
柏の永久脱毛クリニックの口コミ

医療レーザー脱毛後は副作用で汗の量が増える?

医療レーザー脱毛を行うとワキ汗がひどくなったと感じたりすることがありますがそれはワキの毛が脱毛を行ったことで無くなったことが理由のため汗の量が増えたわけではありません。そのため勘違いをする人が多いですが副作用によるもでもないため口コミサイトには注意するべきです。またレーザー治療にはワキガにも効果があります。その理由は菌が繁殖しやすい毛を脱毛したため菌が繁殖しづらくなったことで臭いが目立たなくなるからです。

医療レーザー脱毛後にしたいアフターケア

医療レーザー脱毛をおこなったら適切なアフターケアをすることが、炎症や痛みなどの副作用を抑えるポイントになってきます。
脱毛後のアフターケアは、主に肌の冷却と保湿が重要になってきます。
医療レーザー脱毛をした後は、肌の内部に熱がこもりやすくなっています。
この状態が長く続くと痛みと炎症が続く以外にも、肌の水分が奪われやすくなるので、肌を冷やすことが重要なのです。
また、お風呂やサウナなどで体温が上がらないようにすることも大切なポイントです。
さらに、日焼けをしないように注意することも大切です。
脱毛後の肌は刺激にとても弱くなっています。
この状態で日焼けをしてしまうと、いつもより痛みが強くなることがあるので気を付けましょう。
レーザー脱毛 心斎橋 おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です